ENGLISH / CHINESE

Jiro Yoshihara
吉原 治良

1905年 大阪市東区大川町に、植物油問屋「吉原商店」を営む吉原定次郎の次男として生まれる。
1919年 14歳頃から絵に関心を深め、独学で油絵をはじめる。
1924年 関西学院高等商業学部に入学。
1927年 上山二郎と出会い、ヨーロッパ文化や新しい美術の動向に触れる。
1928年 吉原治良油絵個人展覧会(大阪朝日会館)を開催。
1929年 17年ぶりに帰国した藤田嗣治を井上覚造とともに神戸港に出迎える。
自らの作品を持参し批評を請うが、藤田から他者の影響を厳しく指摘され、
オリジナリティの重要性を強く認識。
1938年 東郷青児主催の二科会の抽象画家らと「九室会」を結成し、大阪支部の代表。
1948年 「芦屋市美術協会」創立、代表。
1952年 「現代美術懇談会」(ゲンビ)を結成。
1954年 「具体美術協会」を結成、代表。
1955年 第1回具体美術展(小原会館・東京)開催。
吉原製油株式会社取締役社長に就任。
1956年 『芸術新潮』12月号誌上に「具体美術宣言」を発表。
1957年 “アンフォルメル”の提唱者ミシェル・タピエ、画家ジョルジュ・マチウ、今井俊満らが来阪し、中之島の吉原宅に滞在、交流。
1962年 中之島にあった自分の所有する土蔵を改造して具体美術協会の本拠地となるギャラリー、 グタイピナコテカ開館。
この頃より、厚い絵具による線描で、単色の背景に「円」が描かれる。
1965年 吉原治良の60回目の誕生を祝う記念展(グタイピナコテカ・大阪)を開催、
戦前戦後の代表作多数を出品。
ヌル国際展(アムステルダム)に具体美術協会が招待される。
1969年 日本万国博覧会展示委員に就任。
1971年 第2回インド・トリエンナーレに《White Circle on Black》《Black Circle on White》を出品しゴールドメダルを受賞。
1972年 1月蜘蛛膜下出血により死去(享年67歳)。3月31日具体美術協会解散。
従五位勲四等旭日小綬賞が追贈される。
1973年 「明日を創った人―吉原治良展」が開催され、初期から晩年まで131点を 展示(神奈川県立近代美術館、京都国立近代美術館)。
1983年 「知られざる吉原治良展」(兵庫県立近代美術館)
1992年 「没後20年 吉原治良展」(芦屋市立美術博物館)
2005-06年 生誕100年を記念した大回顧展「生誕100年記念 吉原治良展」が巡回。
(ATCミュージアム・大阪/愛知県美術館/東京国立近代美術館/宮城県美術館)
2012年 「没後40年 吉原治良展」(芦屋市立美術博物館)

# # #

日本前衛美術のパイオニア“吉原 治良”
 師を持たず、独学で絵画を学んだ吉原は1928年に初の個展「吉原治良油絵個人展覧会」(大阪朝日会館)を開催した。当時は地元、芦屋川河畔を望む窓辺の風景と魚貝類を描いた静物画によって「魚の画家」として注目を集める。
翌1929年、17年ぶりに帰国した藤田嗣治に批評を請うため、滞在先のホテルに作品を持参するが、他者からの影響を厳しく指摘される。この藤田との出会いによってオリジナリティの重要性に目覚めた吉原は、この後、自らのオリジナリティを模索し、画風を目まぐるしく変化させていった。
1930年代には海辺の風景や人物、日用品を非日常的に配置したシュルレアリスムのシリーズや、幾何学的造形や線の集積による純粋抽象画へと画風が大きく変化する。40年代に入り戦時色が強まると、一時的に前衛的傾向を抑制し人物や鳥をモチーフとした具象へと回帰するが、戦後の50年代以降は、反予定調和的な線的抽象表現を経て、素材の質感や筆致を意識した実験的なアンフォルメルへと展開させていった。
1965年の第14回具体美術展において吉原は無地の背景に明快な円形を画面中央に配置した作品を発表し、自らの自信作とした。これまで抽象的な幾何学模様やアンフォルメル的な画面など、時代と共に自らの表現を追い続けた吉原が最終的に到達したのは、単純にして多様な「円」の表現であった。一見勢いよく描かれたように見えて、細部まで緻密に塗り込められた一連の「円」の作品は形や色、構図などによって全ての表情が異なる。吉原は「円」という抽象的かつ、グローバルで最もシンプルな記号を通して自らの精神を表現しようとしたとも言えるであろう。「円」の制作こそが、画家吉原治良が到達した“オリジナリティ”なのである。

具体美術協会のリーダー“吉原 治良”
 1954年に兵庫県芦屋市で結成された「具体美術協会」のリーダーとして吉原は「人の真似をするな、今までにないものをつくれ」と若い芸術家たちを厳しく指導し、会員たちもその言葉通り、斬新かつ実験的な芸術表現に挑んできた。
松林を舞台とした野外展「真夏の太陽にいどむ野外モダンアート実験展」(1955年)や、舞台上の演出で芸術性を表現する「舞台を使用する具体美術」(57年)、アドバルーンで作品を空高く吊るした「インターナショナル・スカイ・ フェスティバル」(60年)など、他に類を見ない発表の場を作り出し、芸術家や専門家のみならず一般大衆からも驚きと称賛の声を得る。
また、機関紙『具体』の発行と配布、本拠地となるグタイピナコテカでの展覧会や海外の作家との交流、そして、アンフォルメルを提唱するフランス人美術批評家のミシェル・タピエとの出会いを通して吉原治良率いる「具体美術協会」は国際的前衛美術団体となっていく。
吉原の国際的な視点と、類いまれなアート・マネジメントの手腕によって「具体美術協会」はその存在を確立していった。このプロジェクトこそが吉原治良の壮大な“作品”であるとも考えられる。