ENGLISH / CHINESE

Aine Kinashi
木梨アイネ

1929年 東京に生まれる。
1934年 大阪市住吉区に転居。
1944年 予科練に入隊。
1946年 大阪音楽学校(現・大阪音楽大学)に進学、ジャズに傾倒。
1951年 大阪市立美術研究所にて学ぶ。
1952年 大阪市立美術研究所第一席。
1953年 第6回創造美術協会展(大阪市立美術館)。会員に推挙される。
1955年 第8回芦屋市美術展(精道小学校講堂・兵庫)芦屋市美術協会賞受賞。
      第3回ゲンビ展(京都市美術館/朝日ビルホール・神戸/大阪市立美術館)
      第40回二科展(東京都美術館)初出品2点入選(57年まで出品)
1956年 野外具体美術展(芦屋公園・兵庫)に参加。
1957年 坂本昌也らとともに前衛美術集団デルタを結成。
      4年間の活動中に16回展覧会をする。
1959年 第19回美術文化協会奨励賞受賞。
1960年 美術文化協会準会員となる(同年退会)。
      白鳳画廊で個展(大阪)
1961年 デルタ解散後、抽象作家集団テムポを結成。
      朝日新人展(京都高島屋/大阪高島屋)
      個展(道頓堀画廊・大阪)
1962年 朝日新人展
      毎日現代美術展
      第6回京都アンデパンダン展(京都市美術館、以後連続出品)
      京都市美術館で第一回テムポ発表展
1963年 「現代絵画の動向-西洋と日本-展」(京都国立近代美術館)
      画廊あの で個展(大阪)
      第2-4回テムポ発表展
1963/4年 抽象作家集団テムポ解散。
1965年 青い絵が吉原治良の目にとまり、具体美術協会の会員となる。
1968年 音楽活動に専念するため制作活動を休止。具体美術協会を退会。
1976年 「具体美術の18年」(大阪府民ギャラリー)
1977年 制作を再開。
1979年 「吉原治良と具体のその後」(兵庫県立近代美術館)
1980年 青の絵の制作を再開。
1984年 個展(ギャラリーすずき・京都)
1986年 57歳で死去。
1993年 具体展II(芦屋市立美術博物館)
2004年 「具体」回顧展(兵庫県立美術館)
2012年 「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡(国立新美術館)

# # # #

 木梨アイネ(本名・塩谷愛彦 しおやよしひこ)にとって、描く事と演奏する事は同じ意味を持っていた。
 木梨は両親が演奏家という音楽一家のもと、1929年東京に生まれた。46年大阪音楽学校(現・大阪音楽大学)に入学、51年から大阪市立美術研究所に学び、その後、前衛美術集団「デルタ」(1957-1961)や抽象作家集団「テムポ」(1962-1963)を結成し活動する。木梨が同世代の若手作家達とグループを組んでいたちょうどこの頃、日本では既成の表現形式に反発する「反芸術」的動向や抽象表現主義による「アンフォルメル」旋風が巻き起こっていた。木梨もまた抽象画を多く手掛ける。なかでも金属粉を混ぜた油彩による「青い絵」のシリーズは木梨の特徴が最もよく表れている。このシリーズは筆だけでなく指によって描かれており、楽器を演奏する指先から音楽が生まれるように、指の軌跡によるマチエールが緩やかな旋律を奏でている。主色となる深い藍色は持続する低音を、絵具に混ぜられた金属粉の微細な輝きは高音のトリルとなって観る者に降り注ぐ。音楽を絵画化する試みはすでにカンディンスキー(1866-1944)が行っているが、彼が音楽を絵画の中に結晶化したのに対して、木梨は演奏という行為とそこに必然的に流れる時間を同時実在として絵画という物質に留める事によって、音楽、絵画というすでにある概念とは別の次元に視野をひらき、そこにリアリティーを生み出す事に念頭を置いていたと考えられる。この「青い絵」のシリーズが吉原治良の目にとまり、木梨は1965年具体美術協会の会員となる。同じ年にはヨシダミノルや「デルタ」時代から制作を伴にしていた坂本昌也も入会し、第3世代として期待された。
 1968年、木梨は音楽活動に専念するため具体を退会、作品制作を休止する。77年に制作を再開し、群がるような細描に覆われた抽象画を展開、80年には再び「青い絵」に取り掛かり、1984年にはギャラリーすずき(京都)で個展を開催する。再開した「青い絵」にはかつての金属粉と油彩の上に鮮やかな合成樹脂塗料が加えられ、木梨の新たな展開を予感させた。しかし、その2年後、57歳の若さで他界する。

Painting and playing musical instruments have the same meaning for Aine Kinashi (his real name is: Yoshihiko Shioya).
Kinashi was born in 1929 in Tokyo, and both of his parents were musicians. He entered Osaka College of Music in 1946 and started to study art from 1951 in a study course of Osaka City Museum of Fine Arts. Later on, he established an avant-garde art group called “Delta” (1957-61) and an abstract art group “Tempo” (1962-63). While the artist was working together with young artists in those groups, anti-art movement and Arte Informale movement of abstract art were becoming the mainstream in Japan. The artist worked on abstract paintings as well, and his most representative work is the series of “blue paintings” which he employed the oil mixed with metals with powder form. Those works were not only painted by brushes but his own fingers, and the brushstrokes are as if he was playing a music on the surface of the canvas. The deep indigo, which is the main colour of the blue paintings series, represents the continuous bass, and the shining of metals performs a trill of the high tone. Visualization of music had already been experimented by Wassily Kandinsky (1866-1944), the Russian master of abstract paintings, who crystallised music into paintings. On the other hand, the fact that Kinashi embodied the act of playing music and the time passing there in his works enables him to open up a new field over the concept of music and paintings, and it could be said that creating a reality in that new field was the most significant idea for him. This “blue paintings” series was founded by Jiro Yoshihara, the leader of the Gutai Association, and Kinashi entered Gutai in 1965. Minoru Yoshida and Masaya Sakamoto also became members of the association, and they were called the third generation of Gutai.
Kinashi left Gutai and stopped paintings in order to concentrate on music in 1968. He started to paint in 1977 again and produced abstract paintings covered with lots of thin and short lines. The blue paintings were painted again since 1980, and the artist had a solo exhibition in Gallery Suzuki in Kyoto. The artist employed oil, the metal powder, and newly added synthetic resins for the new blue paintings, and it gave a suggestions for his new paintings and artistic career. However, he passed away two years later, aged 57.