ENGLISH / CHINESE

Yutaka Matsuda
松田豐

1942年 大阪府住吉区に生まれる。
1961年 大阪市立三稜工芸高等学校美術科卒業
1963年 浪速短期大学美術科卒業
1964年 画廊あの で個展。
1965年 画廊あの で個展。キネティックアートの制作を開始。
1966年 芦屋市展に出品、市長賞を受賞。
      第10回シェル美術賞 佳作賞
      吉原治郎に師事し、第17回具体美術展(横浜)に出品。
      以後解散まで出品し続ける。
1967年 具体美術新人賞受賞。
      具体美術協会会員となる。
      第2回フランス政府選抜留学毎日美術コンクールで二席受賞。
1968年 第8回現代日本美術展 長岡美術鑑賞受賞。
      岡本昌子と結婚。
      芦屋市展入賞、芦屋市美術協会会員となる。
1970年 万国博美術展
1972年 具体美術協会解散。
1979年 「吉原治郎と具体のその後」展 兵庫県立近代美術館
1982年 個展(PATTERN連作70展) 平松画廊
1983年 第2回吉原治郎美術コンクール (大阪・現代美術センター)
1984年 文星道場・ギャラリーdo開設 (大阪)
1986年 堺美術協会彫刻部会員
1988年 松田豐の世界 ギャラリーdo
1989年 IBM絵画・イラストコンクール 優秀賞
      洋画100和歌山大賞展で佳作賞受賞
1990年 第12回エンバ賞美術展 優秀賞
1991年 キネティックアート松田豐展 ABCギャラリー
1998年 死去
 

# # # #

具体の中で最も若い世代のメンバーである松田豐の作品は機械仕掛けの絵画であり、動く彫刻である。動く、あるいは動くように見える美術作品は、キネティック・アートと呼ばれ、1910-20年代のマルセル・デュシャンのレディメイドやモホイ=ナジの機械を動力とするオブジェが先駆であるとされる。50年代以降もヨーロッパを中心に制作されていたが、松田はキネティック・アートが日本で紹介されていなかった60年代前半に、動く絵を手作りし始めた。
日本では誰も見たことがなかった動く絵は、具体のリーダー吉原治良に「面白い」と言わせ、松田は1967年に具体会員となる。動く作品の設計図は細かく描き込まれており、作品前面のモノクロームを基調としたシンプルな造形に対し、作品裏面には、木製の巨大な振り子や、複数のモーター等、複雑に組み上げられた回路や配線が隠されている。1968年芦屋市展に入賞し、芦屋市美術協会会員となった。
1972年の具体解散後も、より複雑に動く作品を精力的に発表し続け、数々のコンクール で受賞し、1986年に堺美術協会彫刻部会員となる。手作りならではの微妙な歪みを持つ大小様々な形のパーツが時計の秒針の速度で回転し、互いに触れ合い、引っかかりあうことにより、震える。また、同じ形のパーツであっても、動きのタイミングや動力の種類がずらされており、一つの画面の中で複雑なリズムが奏でられる。1984年に大阪・難波に文星道場・ギャラリーdoを開設し、作品発表だけでなく、絵画教室や学習塾も行った。松田の絵の中で動き続ける機械たちは、松田の遊び心によって、人の遊び心をくすぐるために作られたといえる。