ENGLISH / CHINESE

Kazuo Shiraga
白髪一雄

1924年 兵庫県尼崎市に生まれる。
1948年 京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)日本画科を卒業。卒業後洋画に転向。
1949年 大阪市立美術研究所に入所。尼崎美術協会に参加し、尼崎市展の開催に尽力。
1952年 第1回尼崎市展(難波小学校講堂)
大阪で吉原治良らを幹事に現代美術懇談会(ゲンビ)が発足。会合に出席。
金山明、村上三郎らとともに0(ゼロ)会を結成。
1954年 0会展(そごう百貨店ショーウィンドー・大阪)に足で初めて制作した絵画を出品。
この頃から足による大作を始める。
1955年 金山明、村上三郎、田中敦子とともに具体美術協会の会員となる。
第1回具体美術展(小原会館・東京)
1957年 ミシェル・タピエが来阪し、白髪宅を来訪。
1962年 白髪一雄展(グタイピナコテカ・大阪)開催。大阪における第1回目の個展。
1964年 第6回現代日本美術展で優秀賞受賞。
1971年 比叡山延暦寺で得度し、法名白髪素道に号す。
1989年 「肉体とマチエールの出会い白髪一雄展」(尼崎市総合文化センター)
1997年 白髪一雄展(福岡市美術館)
1999年 文部大臣から地域文化功労者を表彰。
2001年 「アクションペインター 白髪一雄展」(兵庫県立近代美術館)
2008年 尼崎市にて死去(享年84歳)。
2009年 「白髪一雄展―格闘から生まれた絵画」(尼崎市総合文化センターほか)
2015年 「アクションと未知の間で―白髪一雄と元永定正」(ダラス美術館)

# # # #

白髪一雄は、天井に吊り下げたロープにつかまって素足で描くという、激しいアクションを伴った絵画制作で知られている。これらは白髪が第1回具体美術展の際に行った泥の中に裸で入り込みもがくパフォーマンス《泥に挑む》(1955年)にこそ、その真髄が込められていると言える。絵筆の代わりに自らの身体全てを駆使して泥を煉り、押し分け、形を成していく。五体の感覚すべてを使い、肉体行為によって有形の表現として示される、この独自に生み出された絵画法を通して白髪は“人間としての質”を探究し続けた。
それはキャンバスと絵の具を使おうとも何ら変わることない白髪の一貫した芸術表現なのである。「情的」な流れの最先端を志した白髪の内に秘めた精神の激しさを肉体で表現するための行為と、その行為の“痕跡”として具現化した作品群は、まるで絵の具の中で暴れまわったかのように雄々しく躍動感溢れるものとなっている。
また、精神と肉体の合一を希求するなかで仏教に興味を持ち、比叡山での厳しい修業に耐え、1971年についに得度した白髪は“無心”の心得で芸術と向き合い、画面からは初期の荒々しさを残しつつも内に秘めたる精神の穏やかさを垣間見ることができるようになる。