ENGLISH / CHINESE

Michio Yoshihara
吉原通雄

1933年 吉原治良の次男として、芦屋市に生まれる。
1954年 関西学院大学に在学中に具体美術協会結成に参加(72年の解散まで在籍)。
1955年 真夏の太陽に挑むモダンアート野外実験展にスクラップによる作品を出品。
第1回具体美術展(以後68年第21回、最後の具体展まで出品。)
1956年 野外具体美術展(芦屋公園・兵庫)
1957年 「舞台を使用する具体美術」で音響を担当。
この頃支持体にコールタールを流し込み、砂や小石を撒くという手法を確立。
1958年 「舞台を使用する具体美術第2回発表会」舞台《音響演奏》を発表。
1962年 「だいじょうぶ月はおちない」〈具体美術と森田モダンダンス〉では美術と舞踏を融合さ せた「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を発表。
この頃、色紙を丸めて額に詰めた作品や、部屋の一隅から流れ出るかのように大量の紙 テープを吊り下げた作品を発表するなど作品の方向性が変わる。
1963年 吉原通雄展(グタイピナコテカ・大阪)
1965年 ヌル国際展(アムステルダム)に具体グループが招致され、父治良と展示作業にあたる。
1970年 万国博美術展野外展示「ガーデン・オン・ガーデン」
具体美術まつり「EXPO‘70お祭り広場における人間と物体のドラマ」で作曲を担当。
1972年 具体解散。活動を中止。
1991年 吉原通雄個展(ギャラリー白・大阪)、制作活動を再開。
1993年 第45回ヴェネチア・ビエンナーレ「東洋への道」
1996年 芦屋市で死去 (享年63歳) 。
2012年 「『具体』—ニッポンの前衛18年の軌跡」(国立新美術館・東京)
2013年 「具体:素晴らしい遊び場」(グッゲンハイム美術館・ニューヨーク)
2014年 Yoshiaki Inoue Gallery(大阪)にて父・吉原治良との二人展が実現。

# # #

具体美術協会創設者、吉原治良の次男として生まれた吉原通雄は1954年、関西学院大学在学中に具体美術協会の結成に参加する。初期にはベニヤ板にコールタールを流し上から砂をふりかけるという、まるでアスファルトをはぎとったかのような絵画作品を制作するなど、砂や土といった自然の素材を用いた、大地をテーマとした作品制作を行い、具体の代名詞として例えられる“激しく瞬間的なアクション”とは異なる、繰り返し行う行為によって重ねられていく“静かなアクション”を体現した。それは作家自身の持つ構成的な心象理論(イメージ)や哲学、文学性に裏付けられる行動であると言え、具体が奇抜な芸術家集団としてだけではなく、理知的で精神性の高さを併せ持つ芸術運動であることを証明した。
また、1962年には突如スタイルを一変し、カラフルな紙テープや発光する蛍光管を使用したライトアート作品などを発表する。「舞台を使用する具体美術」などにおいて常に音響を担当し、美術と音楽の融合とも言える演出をした吉原は、それらを通じて、音楽のリズム感や音階を“色”や“構図”で表現したと言えるのではないだろうか。
本展で展示する作品3点は1971年、今橋画廊(大阪)での個展に出品された作品の一部である。サイズの異なるキャンバスが間隔をあけて不規則に並べられるが、それぞれのキャンバスに描かれた虹色のラインは一連の動作を持ち空間を流れていく。