ENGLISH / CHINESE

Sadanaga Motomasa
元永定正

1922年 三重県上野市に生まれる。
1938年 三重県上野商業学校卒業。
大阪へ出て機械工具店の店員として就職したが、まもなく大阪砲兵工廠に変わる。この頃から漫画家になろうと『漫画』『工業グラフ』『大阪パック』などに投稿。
1939年 一旦上野に戻り、日本国有鉄道に入社、京都駅、大阪駅、西宮駅、塚口駅に配属。
この頃大阪市中之島洋画研究所などに通う。
1944年 上野市在住の濱邊萬吉に師事し、漫画家から洋画家に転向するきっかけに。
1948年 第1回三重県総合美術展において「人物」で奨励賞受賞。
1949年 漫画を雑誌『農産』『婦人奈良』に掲載。
1951年 第4回三重県美術展において「婦人像」で教育長賞受賞。
1952年 神戸市に転居し、西宮市展に出品。工芸社、新聞拡張員、アイスクリームのセールスマン、駐留軍要員、社交ダンス教師、子供の絵の先生などをしながら、制作を続ける。西宮美術教室などに通い始める。
1955年 吉原治良に誘われ野外展に参加、前年設立の具体美術協会の会員となる。
第1回具体美術展に参加。(以後連続出品)
初期は工業素材を使った立体作品を試みたが、58年ごろから日本画のたらし込みにヒントを得て、ドリッピング(飛沫)やボアリング(注ぎ描き)によるアンフォルメル画家として活躍。
1957年 ミシェル・タピエが来日し、具体を通して交流。
1964年 第6回現代日本美術展で優秀賞受賞。(1966年の第7回展でも受賞)
1966年 妻と共に渡米。ニューヨークにスタジオを借り、制作開始。翌年、帰国。
1968年 大阪文化祭参加・関西歌劇団第25回定期公演「地獄変」(大阪厚生年金開館大ホール)で舞台美術を白髪一雄とともに担当。
1970年 大阪万博のお祭り広場における音楽、デザインを担当。夜のイベントの演出を担当し、人間と物体のドラマを演出。
1971年 具体美術協会を退会。(翌年3月に具体美術協会解散)
第10回現代日本美術展で京都国立近代美術館賞受賞。
1973年 絵を担当した絵本『The Pwoaan-Hwaan Cloud Family』(文:らくだこぶ ラボ教育センター)を出版。以後絵本作家としても活躍。
1980年 国立国際美術館で開催の「現代美術2、高松次郎、元永定正展」の初日に「煙」のハプニングを行う。
1983年 第2回芸術文化振興協会賞、第15回日本芸術大賞、第4回ソウル国際版画ビエンナーレ、グランプリ受賞。
1984年 美術雑誌『芸術新潮』の表紙絵を担当する。(1988年12月号まで)
元永定正・白髪一雄展(和歌山県立近代美術館)
1986年 兵庫県文化賞受賞。
1988年 フランス政府により芸術文芸シュヴァリエ賞受賞。
1991年 元永定正展(三重県立美術館)
前衛画家として初めて紫綬褒章を受章。大阪市民表彰受章。
絵を担当した『もけら もけら』(文:山下洋輔、構成:中辻悦子 福音書店)で第14回絵本にっぽん賞(現・日本絵本賞)を受賞。
1992年 大阪芸術賞受賞。
1993年 第45回ヴェニスビエンナーレ―東方への道―に参加。
1997年 勲四等旭日小綬章受章。
2002年 西宮市大谷記念美術館で「元永定正展」開催。
三重県民功労賞文化賞受賞。
2003年 元永定正展 いろかたちながれあふれててんらんかい(広島市現代美術館)
2006年 元永定正の創作の世界 いろ・かたち・せん・ことばとあそぶ展(練馬区立美術館)
2007年 もーやん えっちゃん ええほんのえ 元永定正+中辻悦子 絵本原画展(伊丹市立美術館)
2009年 元永定正展(三重県立美術館)
2011年 10月3日前立腺癌のため宝塚市の病院で死去。(満88歳)
2012年 「『具体』—ニッポンの前衛18年の軌跡」(国立新美術館・東京)
    「軽井沢の風展 日本の現代アート1950 -現在」(軽井沢ニューアートミュージアム)
2013年 ニューヨークのグッゲンハイム美術館での「具体:素晴らしい遊び場所展」において、吹き抜け部分にて1956年に野外具体美術展で発表した《作品(水)》を再構想し、コミッション作品として展示。

# # #

 元永定正は1922年三重県に生まれた。55年具体美術協会に参加、71年に退会するまで中心的なメンバーとして活動する。退会後も絵画、立体造形、インスタレーション、工芸など幅広いジャンルを手掛け、88年にフランス政府より芸術文芸シュヴァリエ賞を、91年には前衛画家として初めて紫綬褒章を受章する。93年ヴェネツィアビエンナーレに参加、2009年には三重県立美術館で大規模な個展が開催された。2011年兵庫県にて死去。享年88歳。
 元永の抽象画は最初期を除き、大きく三つに分けられる。
 最初の画風は日本画のたらし込みからヒントを得たもので、カンヴァスに絵具を流して制作する。1958年頃から試みた具体時代に代表される画風である。完成形をコントロールしながらも最終的には自然に委ねる事で生まれる人為とそれを超えたダイナミックな力の均衡が最大の魅力となっている。この画風によって元永は国内外で高い評価を得た。 1966年から1年間、元永はジャパンソサエティ―の招聘によりニューヨークに滞在する。ここでエアブラシの技法に出会い、繊細な色のグラデーションと明確な輪郭をもつ独自の形による画風を手掛けるようになった。当時アメリカではすでにポップアートが浸透しており、日本でも高度経済成長に支えられた大衆文化が成熟した時期にあたり、そうした時代背景も変化の契機となったと考えられる。しかし、本質的には、この頃のユーモアあふれる形による作品群には自らを「アホ派」と呼び、明るさやおおらかさを志向した元永の本懐がみてとれる。難解とされた抽象画に親しみやすさを与えたこの画風は、77年に出版され現在でもベストセラーとなっている絵本『もこ もこもこ』に用いられるなどして、その世界観が広い世代に支持された。
 1989年頃からはこれまでの技法を駆使した元永の総合的な世界が展開する。ここでは流し込みによる色彩の流動と、元永の作り出した形たちが画中に自由に配されている。もともと元永の最初の抽象画はネオンがともる摩耶山(神戸市)の形とその情景をヒントに描かれた。その後も雲や石、植物といった自然の中にある形を抽象化する事で独自の形を生み出してきた。色彩の流れる軌跡もまた、川の流れる様と同質であると元永は語る。元永はおよそ、大自然の中で遊ぶ子供のように、カンヴァスの中で自由に色彩と形と戯れる童心をもってこの最後の時期に制作に打ち込んでいたと思われる。そうして生み出された作品は、私たちを明るい方へ導く力に満ちている。その前に立った時、私たちは思わず微笑んでしまうだろう。「一寸先は光」と口癖だった元永の集大成である。