ENGLISH / CHINESE

Atsuko Tanaka
田中敦子

1932年 大阪市に生まれる。
1950年 大阪市立美術館付設美術研究所に入所。研究所にはすでに白髪一雄、金山明が通っていた。
1951年 京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)西洋画科に入学、秋頃退学。大阪市立美術館付設美術研究所 に再び通い始める。金山明の助言で新たな方向性を模索。
1953-54年 入院中に退院を待ちわびて数字を描き、その周りをクレパスで縁取りする。退院後、《カレンダー》 として作品化。
1954年 白髪一雄、金山明、村上三郎の所属する0(ゼロ)会に入会。
1955年 白髪、金山、村上とともに具体美術協会の会員。
「真夏の太陽にいどむ野外モダンアート実験展」(芦屋公園)で10m四方のピンクの人絹地を張った作品 などを出品。
第1回具体美術展(小原会館・東京)で20個のベルが順番に鳴り響く《作品》(ベル)を出品。
1956年 第2回具体美術展(小原会館・東京)に電球と管球を組み合わせ明滅する光の服に仕立てた《電気服》と、 それに基づいた素描20点を出品。
1957年 「舞台を使用する具体美術」展(大阪 産経会館)で《電気服》ほかを使用したパフォーマンスを行う。
この頃、電球とコードの絡まりから着想を得た平面作品に制作の中心が移行。
1963年 田中敦子展(グタイピナコテカ・大阪)
1965年 「日本の新しい絵画と彫刻」(サンフランシスコ近代美術館、ニューヨーク近代美術館他、アメリカ各地巡回)《Untitled》(1964)がニューヨーク近代美術館買上げ。
金山明とともに具体美術協会を退会。その後金山と結婚。
2001年 初の回顧展「田中敦子 未知の美の探求 1954―2000」(芦屋市立美術博物館・静岡県立美術館)
2005年 肺炎のため死去(73歳)。
2008年 「第16回シドニービエンナーレ 接触の地帯」(ニューサウスウェールズ州立美術館) 「Rose is a Rose is a Rose」(Foundation De 11 Lijnen,Oudenburg・ベルギー) に草間彌生、山崎つる 子と共に出品。
2011年 「田中敦子-アート・オブ・コネクティング」(IKONギャラリー・イギリス/カスティジョン現代美 術センター・スペイン/東京都現代美術館)

# #

 具体美術協会の代表的メンバーの一人として活躍した田中敦子は、1932年大阪市に生まれる。50年頃入院中に、退院の日を待ちわびて数字を描いた作品《カレンダー》がきっかけとなり本格的な制作を始める。芸大受験のために入った研究所で金山明らと出会い0会に所属。その後55年に具体美術協会の会員となった。65年に後のパートナーとなる金山明とともに具体美術協会を退会し、晩年は金山とともに奈良にアトリエを構え、制作を続けた。
 1956年の「舞台を使用する具体美術」において9色の合成エナメル塗料で塗り分けられた管球約100個と電球80個からなる《電気服》を発表。この作品をベースとして描かれた円と線から構成される絵画群は、世界的に注目を浴び、田中敦子の存在を知らしめた。ばらばらに連なった円や同心円が無限に描かれ、それを取り巻く線が円に絡まりあう。一貫して使っていた合成樹脂エナメル塗料を垂らして接合させた線と絡み合うことで、円は電気を帯びたネオンのように発光する。